ダイレクト式の自動車保険の申し込み方法の特徴とは

ダイレクト式はインターネット上での申し込み

ダイレクト式の自動車保険はインターネット上で申し込みをするのが特徴です。店頭での申し込みと違って全て自分でフォームに入力して送信することにより申し込みます。住所や氏名、年齢などの個人情報を入力する必要もありますが、さらに自動車保険のオプションについても自分で全て要不要を考えて選択しなければなりません。フォーム上にオプションの内容に関する説明がある場合が多く、必要なものを選んでいくことで契約内容を決定します。そして、オンラインで見積もりも表示させて納得できるものであれば送信して申し込むというのが基本です。保険会社と直接やり取りをする必要がなく、いつでも手続きを行えるのが魅力として知られています。

手続きは全てオンラインで完了

ダイレクト式の自動車保険の場合には手続きが全てオンラインで完了します。保険の契約を結ぶときには本人確認が必要になりますが、運転免許証のコピーをアップロードするだけで手続きできるのが一般的です。スマホやデジカメ、スキャナーなどがないという場合には郵送で対応してくれることもあります。申し込みを終えた後の連絡も基本的にはメールベースになっていて、書面で交付する必要があると判断されたもの以外は特に希望しない限りは郵送で送られてくることはありません。以降の手続きも全てオンラインで行います。手続きが全てインターネット上で行えるのは簡便だと考える人にとってダイレクト式の自動車保険はメリットが大きいでしょう。

© Copyright Key Points In Choosing Insurance. All Rights Reserved.